HOME » 知っておきたい腹筋ベルト(EMSベルト)の基礎知識 » 使い方

使い方

こちらでは、どのくらいの頻度で使うのか、睡眠中も使えるかなど、腹筋ベルトの使い方について説明します。

腹筋ベルトの使い方

腹筋ベルトを購入したけど、どうやって使えばよいのかわからない、せっかく買ったけど全然使っていないという方は多いのではないでしょうか?

そんな方は、是非、次にご紹介する使い方を参考にしてみてください。

どのくらいの期間使えば効果がある?

効果を実感するためには最低でも4週間以上使う必要があります。

どのくらいの頻度で使えばいい?

1日30分以内で2回、週5日ぐらいが適当です。次の使用までにはだいだい6時間以上の時間をおいてください。ただし製品によって若干使い方が違いますので、各製品の使い方をよく読んでから使用すべきです。

腹筋以外にも使える?

腹筋、太もも、ヒップ、二の腕、ふくらはぎ、背中など、部位に合わせてベルトのサイズを変えたり、パッドを変えてエクササイズ可能です。

睡眠中は使える?

睡眠中は使えません。

入浴中は使える?

ほとんどの製品は入浴中に使えませんが、中には使えるものもあります。

病気の治療中でも使える?

市販の腹筋ベルトは基本的に健康な成人向けなので、病気の治療中、治療後など体調に不安がある場合は、事前に医師に相談してから使いましょう。

使ってはいけない人は?

以下に該当するような方は使用を控えてください。

・16歳未満の方

・高血圧、心臓病、ガン、てんかんなどの治療を受けていたり、その疑いがある方

・医師から運動を止められている方

・体内にペースメーカーなどの電子医療装置が埋め込まれている方

・妊娠中、妊娠の可能性がある方

・高周波外科医療機器を使用している方

・ホルモン治療をしている方

・運動していないときに胸の痛みを感じる方

・骨や関節に疾患がある方

・運動を行ってはいけない理由のある方

腹筋ベルトを自分以外の人と共用しても大丈夫?

他の人と使い回しをしすると感染症の恐れもあり、衛生上の理由から専用で使うことが望ましいです。

どういう時に使うと効果的?

腹筋ベルトは自分で腹筋運動を行うのではなく、受け身で腹筋のトレーニングができるというところが一番の利点です。

読書、テレビ、ゲーム、コンピュータ、掃除、料理など、別のことをしながらでもトレーニングでき、時間を有効に使えるので、ダイエットやトレーニングをしたいけれど、忙しくて時間がとれないという方にもおすすめです。

ただ、1回の使用限度は30分くらいなので、ゲームなどに夢中になって腹筋ベルトをしていることを忘れてしまわないように注意してください。

TOP